Archive for the ‘photoshop’ Category

[Photoshopチュートリアル]ほんのちょっとこだわるだけで、さらに良くなるグラデーションデザイン

デザインをキレイに見せるグラデーション、
ボタンのデザインや壁紙、世の中にあるものは全てなんらかの光の影響を受けるので、デザインにグラデションは欠かせない。

ちょっとしたデザインでも、グラデーションをさりげなくつけられるようになったら、
デザイン力がさらにアップすると思う。

さりげないグラデーション

この2つ正方形は、右側が少しだけグラデーションさせている。
本当にすこしだけれど、なんとなく左側はべたっとした印象がないだろうか。
よく見ないとわからない、でもこのさりげない違いが、見る人の無意識の美的感覚には大きく働く。

パッと見ではそんなに変わらないような部分でも、細かい配慮があったりする。

では、今回の主題の、グラデーションの色について。

通常、ボタンのような光の具合を表現する場合のグラデーションを作るときにどのようにするだろうか。
多くの人は、オーバーレイグラデーションでスクリーンやソフトライトを使って、簡単に光沢を表現してるんじゃないだろうか。

簡単なグラデーション

簡単にキレイなボタンが作れるので、僕もこれでいいやと思ってしまうけれど、
ちょっとこだわる場合は、やっぱり自分で色を決めて作ろう。
つまり、明るい部分も暗い部分も自分で色を決める。
現実世界では、明るい部分は白っぽくなるというそんな単純なものではないよね。
日陰と日向では、単純に明るさだけで決まっているのだろうか?
いや、明るい部分は彩度も併せて上がっているはず。
だから、単純に白や黒を被せるだけのグラデーションはやめて、次のようにこまかく色を指定してみよう。

色を使ったグラデーション

やってることは単純。
グラデーションにそのまま色を使っているだけ。
だけれど、単純に白や黒を被せた場合とは明らかに違う。

キレイなグラデーションを作る

左側が、スクリーンで白を被せたグラデーション、
右側がきちんと色を指定したグラデーション。
明らかに右側のボタンの方が鮮やかなグラデーションではないかと思う。
もちろん、あえて彩度を抑えたボタンを作る事も可能。
だけど、スクリーンやソフトライトで生成された色ではなく、
全く同じだとしても意図的に色を指定したという点で大きく違ってくる。
指定する色によってもボタンの表情はどんどん変化する。
オーバーレイ効果に頼らずに、自分で色を表現できるともっとデザインの幅が広がって質が上がるだろう。

予算の関係や、納期までの時間がない場合には、使うこともあるかもしれないけれど、
良いデザインを作る場合は、こういった細かい部分までこだわりたい。
面倒かもしれないけれど、もっとデザインを上手くなりたい!というデザイナーは必ず意識して欲しい。

ブラシの設定だけで手書きのようなラフな線を簡単に描く方法

ちょっとこだわったデザインを作ろうと思うと、少しアナログ感のあるものを入れてみたい。
直線やべた塗りっていうのはPhotoshopの基本的な作業で簡単にできるけれど、直線的なものばかりだとデザインも単調になってしまって面白くない。

通常にシェイプやペンを使うとどうしても直線的になってしまう。
同じ直線でも質感を変えてみるとデザインのバリエーションがさらに広くなる。
今回はブラシを使って、簡単にラフ感のある素材を作ってみよう。

今回大切なのはラフ感のあるブラシの設定をするだけ。
たったそれだけで、いろいろなものに応用できる。

今回はこのようなものを作ってみたい。

ラフな線

まずはブラシを選択する

ブラシの選択

次にブラシの設定画面を開こう

ブラシの設定

ここからの設定が重要なので、実際にPhotoshopを触りながらでもやってみよう。

まずは、ブラシの形を選択する。
どれを選択しようと自由だが、できるだけラフな感じが現れるようなものがいい。
今回は以下のようなブラシを選んでみた。

ブラシの設定

そこで、「シェイプ」の項目を設定する。
設定の内容は人それぞれで自由なので、いろいろと触ってみて欲しい。
「サイズのジッター」「角度のジッター」「真空率のジッター」でラフな表現をするためのそれぞれの数値の変化を設定する。
「最小の直径」「最小の真円率」でサイズの最小値を設定しよう。
細かい数値は気にしない、いろいろと触って自分なりのものを作ってみよう。

ブラシの設定

今設定したブラシを使って、自由に線を書いてみよう。

ラフライン

自然な感じでラフなラインができた。
選ぶブラシの種類やパラメータの設定で、もっと自然なものができるはず。
自分なりの使えるブラシを作ってみよう。

ドロップシャドウにこだわろう。ドロップシャドウには補色を使うときれいに見える。

デザインはほんのちょっとのことが全体に影響します。
ドロップシャドウのことだけでも、こだわりたい部分はたくさんあるけれど、
今回はドロップシャドウの色にこだわってみよう。

影=黒と思っていないだろうか。
確かに実際の影は黒で表現するのが適切かもしれないが、
デザインではもうちょっとこだわってみたい。
広大な自然を目の前に、思わずシャッターをきったことはないだろうか。
それを家で見てみると、空はもっと鮮やかで、緑はもっとキレイだった!
そう感じたことは無いだろうか。
現実世界の本来の形が、必ずしもデザイン上よいものだとは限らない。
自分が見てる世界と本来の世界は違っていることも多いのだ。
まあ、そんなことはおいておいて、
要は、影=黒にこだわらなくてもいいというお話。

影は黒ではなく、補色を使えばいいという面白い記事があった。
【デザイン】安易にドロップシャドウかけるのやめ隊
確かに、今まで気にしてなかったけど、これやってみようと思った。

ちなみに、補色というのは、色相を360度の円環で表した時のちょうど反対側にある色のこと。
分かりやすいところでいうと、写真のネガが気持ち悪い色になっていたのが補色。

補色の関係

メインとなる色と反対の色を影の色として使うといい。
効果としては、本来よりも影がやさしくなって、対象物がより引き立つ。
とはいえ、これには程度の差があるので、
今回やってみたものでは「なんとな~く」よくなったというのが感想。
ただ、こういったなんとなーく良くなる組み合わせが全体のデザインにとんでもなく影響する。

いろんな色を使ってやってみた。
※以下の画像はクリックして拡大してください

ドロップシャドウ

普通に影を付けたらこんな感じ。
影を補色にするとどうなるか。
※以下の画像はクリックして拡大してください

ドロップシャドウ

影が薄くなったりしてる。
そう、補色というのは黄色やピンクのように影に向かない色もあるので、
そういった色の場合は影がどうしても薄くなってしまう。
だから、単純に補色を使えば言いわけではなかった。
そこで、そのまま明度を下げて黒っぽい色にしてやると補色を利用した影の完成。
これらの3段階の画像をまとめてみる。
※以下の画像はクリックして拡大してください

ドロップシャドウ

「うおー!!なんとっ!!」とはならない。
正直、比較してもそんな変わらないけれど、ちょっとしたこだわりでデザインは変わってくるので、
補色を利用したこういった影の作り方があることを覚えておいて欲しい。
みんながあまりやっていないことをこっそりしっかりやることが大切。
個人的には、普通に黒で作った影に比べてなんとなく自然な影できれいになっているように思える。

ついでながら、背景の壁紙を変えてみた。
※以下の画像はクリックして拡大してください

こだわりドロップシャドウ

こだわりドロップシャドウ

どうかな、それぞれ使ってみようと思ってもらえたらそれでよし。
頭の片隅に入れておいて欲しい。

たった3ステップで作れる!! webデザインで必須の手書きのラインを作る方法

今回はwebデザイン制作で超人気のテクニック、手書きラインをご紹介します。ええ
どんなものかというと、

このような手書き風のラインです。

案外作り方がわからなかったり、素材を探して時間がかかってました。
しかし、

とっても簡単に3ステップで作れるんです!

それではご紹介します。

 

1ステップ

photoshop長方形ツールで、横500px、縦1pxの線を描く。

 

 

2ステップ

 

描いた長方形を複製する。

 


3ステップ



フィルター>ノイズ>ノイズを加える
を選択。
ノイズを図のように150%を選択する。

完成です。後は不透明度、レイヤースタイルを変えたりすれば
手書き風ラインにより近づきますよ。

 

フローや流れ図を作るのに必須!Photoshopで完璧な円環チャートを作る方法

久しぶりの投稿です。
デザイナーを雇ってから、自分がデザインすることが減ってしまってこのチュートリアルもしばらく書かないでいたのですが、
全く更新していないこの間にもアクセスは順調に増えておりまして、
月に15000PV以上も見ていただいています。

未だ仕事が多いときなどヘルプでデザインに入ったりしていますので、
そんな中でチュートリアルとして出せそうなものをこれからも出していければと思っています。

Read the rest of this entry »

図形の中央位置を知る方法

厳密には選択している要素の中央位置を知る方法。
今回は簡単にシェイプ要素の中央の位置を知る方法を紹介。

Read the rest of this entry »

Photoshopでおしゃれなリボン風ラベルを作る方法

かわいらしいリボン風ラベル

かわいらしいリボン風のラベルを作ってみる。
複雑に見えるけど、やってることは難しくないのでやってみてください。

Read the rest of this entry »

Photoshopで作る、左側がふわっと浮いたオシャレなラベル素材

左側がふわっと浮いたラベル素材

ホームページのデザインに使えるオシャレなラベル。
単なるドロップシャドウではなくて、ちょっと工夫してオシャレな感じのラベルにしてみる。

Read the rest of this entry »

Photoshopで点線を使った縫い目風デザインを一から作る方法

縫い目風のデザイン

前回は点線の描き方をやってみた。
点線を描くことが出来れば、簡単に縫い目風のデザインを作ることが出来る。

Read the rest of this entry »

Photoshopで点線の罫線を描く方法

点線を使った罫線

デザインの中には、点線を使った罫線を使いたいときもある。
点線は簡単なようで、意外と初めての人はどうしたらいいかわからない。
前回の記事、
Photoshopのパスを使って自由な線を描く方法
を使って、点線を使った罫線を描いてみる。

Read the rest of this entry »

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...