Archive for 8月, 2010

普通の写真が昔の写真に。ビンテージ風のポラロイドを作る方法。

ビンテージ風ポラロイド

写真はちょっと工夫するだけで雰囲気が変わる。
よくある加工方法として、写真をポラロイド風にするというものがある。
単なる写真を並べるよりも、こういったポラロイド風にすることによって立体感や質感が出てデザインに特徴が出る。
今回はポラロイドをさらにビンテージ風にしてみた。
思ったほどビンテージにならなかったけど、
ブラシや変形を駆使していけばもっともっとビンテージ風になるだろう。
とりあえず、それっぽく作る要点のみ解説する。

Read the rest of this entry »

たった3ステップで作れちゃう、木目テクスチャをPhotoshopで作る方法

森のイメージ、海のイメージ、空のイメージ・・・・
ホームページを作る上でそのイメージを存分に発揮しているデザインというのは非常に見ていて楽しいもの。
そういったページは、そのホームページの雰囲気がとってもよく伝わってくる非常に良くできたデザインが多い。
イラストの存在はそのデザインをとても際立たせるのに役立つけれど、
普通の人はなかなかイラストを描くのは難しい。

しかし、簡単になおかつサイトデザインを向上させることができる。
それがテクスチャ、つまり壁紙ということ。
淡色で背景を作るよりもちょっとグラデーションをかけるほうが格好良い、
さらに自然素材的なテクスチャを使うことでもっともっと雰囲気をもったデザインになる。

その中で代表的なのが木目調のテクスチャ。
木目がランダムで、そう簡単には作れなさそうに感じるが、なんとたった3ステップで木目テクスチャが作れてしまう。

Read the rest of this entry »

超簡単に色かぶりを補正してきれいな色の写真にする方法


Photoshopといえば、何と言っても写真の補正での活躍はすごい。
販売されている雑誌などのほぼ全てのグラビア写真はPhotoshopのようなレタッチソフトで補正されているが、誰も気づかないほどに自然できれいだ。

写真を撮ったときに蛍光灯の下で撮った場合と白熱電球の下で撮った場合、太陽の下で撮った場合とシチュエーションは様々。
白熱電球の下で撮った場合はちょっとオレンジがかってしまったり、蛍光灯だとちょっと青っぽくなる。
どんなものでもニュートラルな色合いにできればそこからの色の補正もやりやすくなる。
理想は補正なんかしなくても、自然なままできれいな写真を撮ることだけどなかなかそうはいかない。
Photoshopで補正できるのであればそれの方が時間やコストもかからない。

今回は、超簡単に色かぶりを消す方法をやってみる。
Read the rest of this entry »

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...