超簡単に色かぶりを補正してきれいな色の写真にする方法




Photoshopといえば、何と言っても写真の補正での活躍はすごい。
販売されている雑誌などのほぼ全てのグラビア写真はPhotoshopのようなレタッチソフトで補正されているが、誰も気づかないほどに自然できれいだ。

写真を撮ったときに蛍光灯の下で撮った場合と白熱電球の下で撮った場合、太陽の下で撮った場合とシチュエーションは様々。
白熱電球の下で撮った場合はちょっとオレンジがかってしまったり、蛍光灯だとちょっと青っぽくなる。
どんなものでもニュートラルな色合いにできればそこからの色の補正もやりやすくなる。
理想は補正なんかしなくても、自然なままできれいな写真を撮ることだけどなかなかそうはいかない。
Photoshopで補正できるのであればそれの方が時間やコストもかからない。

今回は、超簡単に色かぶりを消す方法をやってみる。

色かぶりを直す方法はいくつかあるけれど、今回は正統派ではない(?)かもしれないが簡単なので是非覚えておきたいテクニック。

まずは画像を用意する。
食器の写真とか、本来は白である部分が含まれる画像を用意する。
下の画像、お皿の部分を見てもらえればわかるけれど、少しオレンジがかってる。
白熱電球の下とかで撮るとこんな風になってしまう。

白熱電球下の食器の画像

これをパッときれいで鮮やかな白の食器にしよう。
使うのは「トーンカーブ」というもので、レイヤーウィンドウの下から設定できる。

「トーンカーブ」の設定画面の下にスポイトのマークが3つ並んでいるので、
その中の一番右のスポイトを選択する。
これは、白色点を指定するためのツールで、このスポイトで選択した点を白色としてレイヤーの色を全て補正する。
つまり、スポイトでクリックした部分が完全な白になり、それにあわせて周りの色も補正されるのだ。
本来白である部分を基準に、そこを白にしても問題ないはず。
そうすると周りが勝手にきれいに補正されるのだ、なんと便利な機能!

光沢部分は既に真っ白なのでその他の部分で本来白であろう部分を探す。
わかりやすく補正するには多少色かぶりがわかりやすいところがいい。
スポイトで指定した部分は無理矢理に白にするので、それよりも明るい場所は全て白になって色が飛んでしまう。
あまり色が濃い場所は避けよう。
今回は矢印の部分を真っ白に見える部分としてスポイトでクリック。

たった1クリックしただけで、次のような画像になる。

きれいに色かぶりが補正された食器画像

違いは一目瞭然。
こんな簡単に色の補正ができてしまう。
Photoshopってすごいです。
※この程度の機能ならPhotoshopに限らずレタッチソフトには実装されていると思います

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a Reply