Photoshopのペンツールでベジェ曲線を自由に使いこなすテクニック(その2)



Photoshopのペンツールを使いこなすテクニック
Photoshopで図形を作るにあたって便利な機能の一つのペンツール。
ペンツールをうまく使いこなせると矩形や円などの形の他に、ちょっと変わった図形も簡単に作れちゃう。
また、写真の切り抜きのような場合にも使うことの多いこのペンツールを使いこなそう。
葉っぱのような図形を描くためのペンツールの使い方をその1で解説した。
今回は、直線と曲線を組み合わせて使うためのテクニックを紹介する。

STEP1:スタートポイントの設定

ペンツールを選んだら、スタートポイントをクリックする。
このときマウスをドラッグしたりしないように、クリックして開始位置をつけるだけ。
スタートポイントの設定

STEP:外側の弧を描く

次に外側の弧を描くため、少し離れた場所でマウスをクリックしてそのままドラッグする。
引っ張った度合いによって弧が描かれるのでちょうどよいところでマウスを放す。
外側の弧を描く
このまま次のポイントを描きたいところだけれど、このまま次のポイントを指定すると引き続き滑らかな曲線を描いてしまう。
このポイントは左側は今のように弧を描いていいが次のポイントには直線で移動しないといけない。
今、ポイントの前後に出ている線のうち、右側の線を消さないといけない(長さをゼロにしないといけない)。
そこで、今回覚えておく内容。
アンカーポイントの切り替えには[Alt]キーを使うということ。
[Alt]キーを押すと、カーソルの横にアンカーポイント切り替えツールのマークが表示される。
その状態で、先ほどのアンカーポイントをクリックするとポイントの前後に伸びているヒゲの後方を消すことができる。
アンカーポイント切り替えツール
形は同じだけれど、ポイントの後方のヒゲが消えているのを確認して欲しい。

STEP:内側の弧を描く

次にそのまま画像のようにポイントを打つ。
ここでは直線を描くためクリックしてポイントを指定するだけ。
ペンツールでポイントを指定
ここから内側の弧を描くが、外側の弧と同じ操作をするだけ。
弧の終点でマウスをクリックしてそのままドラッグする。
ちょうどいい曲線でマウスから指を離す。
内側の弧を描く
先ほどと同じようにポイントの前後にヒゲが伸びているので、後方のヒゲを削除しよう。
[Alt]キーを押しながらポイントをクリックすると後方のヒゲが消える。
アンカーポイントの切り替え
そして、最後に開始地点をクリックして図形を閉じると今回の図形ができる。
ペンツールで図形完成

今回重要だったのは[Alt]キーを押しながらポイントをクリックして、
アンカーポイントの切り替えを行う部分。
この図形を作る過程で覚えられたと思う。
ペンツールを使いこなすテクニックその1と併せて覚えておいてほしい。

2回のペンツールを使いこなすテクニックは、
Two Simple Techniques To Help You Master the Pen Tool
をアレンジして紹介した。
オリジナルの記事はリンク先を参考にしてほしい。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

One Response to “Photoshopのペンツールでベジェ曲線を自由に使いこなすテクニック(その2)”

Leave a Reply