これはぜひ覚えておこう!Photoshopのシェイプを自由に組み合わせていろんな形のシェイプを扱う



シェイプ機能の組み合わせを使いこなす
Photoshopについているシェイプ機能。
既存の形を簡単に使えるのでよく使う機能だと思うが、これを使いこなせると既存の形からまた新しい形を生み出せる。
誰が作っても同じような形を使えるこのシェイプ機能をさらに使いこなして表現の幅を広げよう。

シェイプ機能を使いこなすといっても、覚えることはたくさんある。
今回解説する内容についても、簡単なようで説明することはたくさんある。
途中わかりにくいところがあるかもしれないが、その細くは今後のチュートリアルでも解説していくのでご安心を(たぶんね・・・)。

シェイプの一部を型抜きする

シェイプで作ったパックマン
まずは上のようなシェイプを作ってみる。
これは次のような組み合わせで作られている。
パックマンのシェイプを作る
簡単なシェイプの組み合わせでできているのがわかるね。
じゃあ、実際に始めてみよう。
まずは普通に好きな大きさで円を書く。

シェイプで円を描く

次に目を描く。
「円ツール」を選択したまま、「Alt」キーを押してみよう。
すると、マウスカーソルの右下に「-」マークが付くと思う。
これは次に描画するシェイプを切り抜くという意味。
目の部分をくり抜いてみよう。
※正円を描くには円を描き出してから(←ここ重要!)さらに「Shift」ボタンを押しながら作業するといい

シェイプで目を型抜く

口の部分をくり抜く。
次にシェイプの「多角形ツール」を使って三角形に設定する。
上部に画数を設定するところがあるので、そこを3角形にするだけ。

3角形の設定

同じように、「Alt」キーを押しながら三角形をくり抜く。

口部分を型抜く

これで完成。
簡単でしょ。
※説明不足な部分は大いにあり。手抜きチュートリアルなのでご容赦を。

シェイプで作ったパックマン

ここで大切なのはパックマンを作ることではない!!
「Alt」キーを押しながら型をくり抜くことができる。これだけを覚えればここの理解は完璧。

シェイプに型を追加する

さっきはシェイプをくり抜いたが、逆に型を付け足す方法。
ここではサンプルとして矢印のシェイプを作ってみる。
四角形と三角形の組み合わせ、
矢印はありそうでないシェイプなので、ここで作ってみる。

シェイプで作った矢印

どちらからでもいいが、まずは四角形を描く。

四角形のシェイプを描く

次に三角形を追加で描く。
このとき、今度は「Shift」キーを押してみる。
するとマウスカーソルの右下に「+」が出てくる。
この状態で三角形を描く。

三角形のシェイプを追加で描く

これで簡単に矢印が描けた。
ここも重要なのは矢印を作ることではない!!
「Shift」キーを押せば簡単にシェイプを付け足して新しい形を作ることができるということ。
矢印がきれいに作れないとイライラしないこと。
矢印をきれいに作る方法なんてここでは解説していない。

シェイプ機能は非常によく使うのでぜひ覚えておこう。
ショートカットキーを使わなくてもこの操作はできるが、ここではサクサク作る方法を解説した。
単純な組み合わせの使い方はまた気が向いたら解説します。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2 Responses to “これはぜひ覚えておこう!Photoshopのシェイプを自由に組み合わせていろんな形のシェイプを扱う”

  1. [...] ここではシェイプの型の切抜きや追加を使う。 やり方が良くわからない人は先に Photoshopのシェイプを自由に組み合わせていろんな形のシェイプを扱う を読んで欲しい。 先ずは円を2つ組み合わせて輪っかを作る。 大きい円の中を小さい円でくり抜く。 [...]

Leave a Reply