Photoshopでパターンファイルを作る方法



photoshopで作ったパターン

広い部分に壁紙のように同じような繰り返した画像を貼り付けたい場合、
画像を作ってそれを複製して貼り付けていたのではキリがない。
画像をパターンファイルとして登録しておけば、簡単に領域を塗りつぶすことができる。
基本的にすることは2つだけ。
パターンファイルを登録する、そしてそのパターンファイルを使う、だ。

パターンファイルの登録

まずは何でも良いのでパターンの元となる画像を作ろう。
今回は基礎の基礎なので、適当に画像を作ってみる。
犬の足跡
画像を作ったところで、パターンにしたい部分を選択ツールで選択する。
Photoshopで選択範囲を指定する
この状態で、上部のメニューから
[編集]→[パターンの定義]を選ぶ。
Photoshopパターンの定義
パターンの名前を決める
Photoshopのパターンの名前を決める
これでパターンの登録は終わり。
難しくないよね。

作ったパターンを使う

じゃあ、作ったパターンを使ってみよう。
パターンを使う場面はいくつかあるけれど、ここでは塗りつぶしツールを使ってパターンを使ってみる。
塗りつぶしツールを選択して、その後ウィンドウ上部のコンボボックスからパターンを選択する。
Photoshopの塗りつぶしツール
Photoshopのパターン塗りつぶし
そして、その横から塗りつぶしたいパターンを選ぶ。
今回はさっき作ったパターンを選択しよう。
Photoshopパターンの選択
あとは、それをキャンバスに塗りつぶすだけ。
ワンクリックで簡単にパターンを使って塗りつぶしが出来る。
Photoshopパターンを使う
個人的に作ったパターンファイルをダウンロードできるようにしたのでよかったらどうぞ。
商用利用可。無料で使える絨毯のような質感のPhotoshop用パターンファイル
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a Reply