シンプルだけどクールでかっこいいボタンをPhotoshopで簡単に作る方法



色んな形のボタン

最近凝ってるボタンのデザイン。
内側にさりげなく1本の線が入ったデザイン。
簡単だけど、これを使うだけでなんとなくプロっぽくてイケてるデザインになる。
あまり使いすぎるとよくないけど、
ちょっとデザインに迷ったらこれ使っとけばとりあえず格好良く見えると思う。

単に2重線の効果をつけているだけ

このボタンの作り方は新しいものではなくて、以前に紹介した
1回の効果で2重枠線を簡単に作る方法
と同じようにして作る。
まずは何でもいいので好きな形を作る。
葉っぱの形を作る
次に、このシェイプに効果をつける。
まずは、内側に光彩を入れる。
このとき、この光彩は内側のラインにするのでぼかさないようにする。
チョークを100%にするときれいなラインになる。
光彩を内側に入れる
そして、最後に一番外枠を作る。
内側の色と同じ色にすると、さきほどの光彩部分がラインのように浮き上がる。
境界線を入れる
この方法を知っておくだけで、クールなボタンを簡単に作ることができるのでぜひマスターしておこう。
僕も仕事のデザインでよく使ってます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

One Response to “シンプルだけどクールでかっこいいボタンをPhotoshopで簡単に作る方法”

  1. [...] ちょっとした工夫でかっこいいボタンが簡単に作れてしまう シンプルだけどクールでかっこいいボタンをPhotoshopで簡単に作る方法 [...]

Leave a Reply