レイヤーを使って窪みを作って立体的な凹みを表現する – Photoshop



Photoshopにはレイヤー効果としてベベルという便利な効果がある。
でも、もっとリアルな表現をするにはあと一手間を加えるといい。
一手間で他のデザインより一歩上にいけるなら、やったほうがいいね。

グラデーションとベベルを使って凹みを表現する

まずは背景を描く。
何でもいいんだけれど、ちょっとでもリアルにするなら少しだけでいいのでグラデーションを加えておこう。
背景の作り方は自由。ペンキで塗ってもいいし矩形シェイプを使ってもいい。
グラデーションもダイレクトでペンキを塗ってもいいし、レイヤー効果を設定してもいい。
僕は後々変更しやすいのでレイヤー効果を使うことが多い。

さて、ここからがメイン。
まずはシェイプ機能を使って円を描く。
この時、内部の色は黒にしておこう。

ここで、レイヤーの重ねあわせ効果を「スクリーン」にする。
※黒をスクリーンにするので、キャンバス上から円は見えなくなる

ここで、円のレイヤーに対してレイヤー効果を設定する。
設定内容は以下の通り。
「描画モード」をハードライトに、
「不透明度」は100%だときつすぎるので50%に。(ここは個人で好きなように)
明るさは下が明るくなるようにグラデーションを設定する。

するとこんな感じで、ちょっとくぼんだ感じになる。

これだけでも全く持って問題ないんだけれど、
ここでさらに一手間かけてみる。
この一手間を覚えておくだけでいつでもちょっとカッコいいデザインが作れるんだからぜひ覚えて欲しい。
このくぼんだ状態で、下側の縁というのは光が多く当たっているので少しハイライトを入れよう。
ここで「ベベルとエンボス」を利用する。
円のレイヤーを選択してさら「ベベルとエンボス」を設定する。
「スタイル」は「ベベル(外側)」にする。
「サイズ」は自由に設定すればいい。値が大きければなめらかに、小さければ角ばった感じになる。
「方向」は上から下へ。下の縁が明るくなるようにする。
「シャドウの不透明度」は影の部分なのでご自由に。いろいろと値を変えて好きな値で設定する。

設定すると次のように縁に光が当たってよりリアルな感じになる。

レイヤー効果1つでデザインするのもいいけれど、
こうやって少し手間を加えるだけでよりリアルな立体感を出せる。
ぜひ覚えておこう。

もっといろんなバリエーション

背景にテクスチャを使ったり、窪みの中に物を置いたりいろいろと遊んでみよう。
形を変えてみても面白いかもしれない、こんな風に。

もっと手を加えればもっとリアルになる。
いろいろとチャレンジしてみよう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a Reply